のれんであなたの力になりたい。

のれんをセミオーダーで製作するには

のれんは、日本の風情を表現するのに役立つ物であり、和食店や居酒屋、
和菓子店など様々な日本家屋風の店舗で使われています。


店オリジナルののれんを製作したい場合、専門の業者に依頼するのが一般的であり、
最も綺麗に仕上げてもらえます。


のれんの製作を注文する場合、予算が限られているのであれば、
セミオーダーを活用するのが良いでしょう。


セミオーダーは、既成品をベースに店の名前などを入れていくサービスであり、
安価に店オリジナルののれんの製作が出来るようになっています。
デザインに関しては、業者によって取り扱いが変わってきますが、
サービスの利用者が業者指定のフォーマットでデータを入稿したり、
ネーミングだけを考えて業者が指定するデザインを使って製作したりといった方法があります。


完全に業者にデザインのオーダーをしますと、セミオーダーで作るよりも
費用が掛かってしまう事がありますので注意しなければいけません。


のれんは、店の構えによって長さを決めておく必要があります。
居酒屋や和食店の場合、標準的な長さの物が導入されるケースが多く、
銭湯などでは長めの物が導入されるケースが多いです。


店のタイプに応じて使い分ける事で、店の雰囲気作りに一役買ってくれます。
制作会社では、ネットで注文を受け付けるケースが増加しており、利用者は
いつでもネットから注文を行う事が出来ます。


生地の色やサイズを指定する事によって、店に合った物を作れます。

 

 

オリジナル暖簾

のれんの制作について

その他