のれんであなたの力になりたい。

のれん製作

京都のれん株式会社では好みのデザインに対応します

インクジェットプリントのれんの特徴ですが、フルカラーに対応しているため色数の制限がありません。

イラストレーターやフォトショップで作成したデータを、紙に印刷するように
生地にプリントしますが、写真を使用したデザインも可能です。

お店のロゴも入れることができるので便利な手法です。
裏抜けはできませんが、反転させた図案を使い両面印刷すれば裏抜けしたような表現が可能です。
ハトメ仕様や設置面の加工にも柔軟に対応できます。

インクジェット対応素地は原則「ポリエステル」です。
綿素材・麻素材に似せて作られるので、素材の風合いに驚くかもしれません。

インクジェット専用生地

麻風素材「エステル麻」や「エステルスラブ」が良い場合は、もともとの地色の影響を
受けやすくなるので、事前に相談するなどして注意して下さい。

墨絵の濃淡を生かした見事なグラデーションののれんは、ポリエステルでも
十分に再現することができます。自分の好きなデザインや写真での作成もできますが、
和風ののれんを好む方は検討すると良いでしょう。

ただし筆のかすりはイメージ表現となるため、完全に一致することはありません。
データ作成でお困りの方には相談に乗りますし、データ作成自体も引き受ける会社なので
安心して注文できるでしょう。

京都のれん株式会社では色見本も取る

京都のれん株式会社ののれんは細部まで表現可能です。
インクプリントジェットがあるからこそできる手法ですが、京都のれん株式外社には専属の絵師がいます。

専属絵師の描く格調高い絵がプリントされた後、布に実際に描いたかのように見えるまで
細部にこだわりデータ化します。筆のかすり具合に関しては、若干のズレが生じるものの
墨絵の濃淡やグラデーションは本物の絵そのものです。

グラデーションの表現

京都のれん株式会社では色数に制限がなく豊富に取り揃えているため、
好みの色がないということはないでしょう。

ただし、あくまで希望する色の近似色となるため、希望の色と同じではないこともあります。
会社や店舗、個人でもブランドカラー、こだわりの色があるでしょう。

色が人に与える影響は大きく、色の濃淡の違いから無意識に違うと感じることもあります。
お客様の印象にも影響を与えるため決しておろそかにはできません。

ビジネスや商売で左右する場合、希望の色をできるだけ使いたいでしょう。
別途料金を出すことで色見本サンプルを取ることができます。

京都のれん株式会社で希望の色が見つからなくても諦めずに相談しましょう。
この会社が提供するサービスは依頼主のこだわりに細部まで対応できます。